DN*BLOG

2008.6.23

DVD ShrinkとHandbrakeを使ってiPod touch、iPhone用に字幕つきで変換する。「リッピング編」

私のiPod touch、iPhoneにムービーを入れる場合はこの二つのツールを使用しています。

動画ファイルを作るうえで、要点というべきところがあります。(個人的に)

1.iPod touch、iPhoneに合ったサイズで作成

2.高画質

3.字幕つき

最低でもこの3点は必要だったのですが、この二つのツールを使えば実現できました。

以下から簡単にですが、作成方法を明記します。

DVDから吸い出す

まずは所持していて、iPod touch、iPhoneに入れたいDVDをPCに吸い出します。
吸出しには「DVD Shrink」を使用します。

DVD Shrinkの設定

ソフトをインストールして起動してまずすることは、設定です。

メニューの「編集」→「各種設定」を選択します。
この設定はお好みですので参考にしてみてください。
私の設定は以下のような感じになります。

設定は上記のような感じでしょうか。
特に難しい設定はしていません。

設定が完了したら、リッピングの開始です。

上記画像の「ディスクを開く」をクリックするとドライブに入っているDVDが選択されます。
手順を進めるとDVDの読み込みが開始されます。

読み込みが完了すると、そのDVDの中身が表示されます。
すべてをリッピングするならそのまま「バックアップ!」のボタンをクリックすればリッピングが開始されます。

私はすべては必要ないので、一番右端の「再編集」をクリックし、リッピングする部分だけを選択します。
本編だけでいいので、一番時間の大きいファイル(おそらく、タイトル○って名前になってると思います。)だけをDVD構造の方にドラッグ&ドロップします。

後は、「バックアップ!」ボタンをクリックすればリッピングが開始されます。

リッピングにかかる時間は2時間半の映画でだいたい一時間半くらいでしょうか。
マシンスペックによって変わると思うので参考にはならないかもしれませんが・・・。

リッピングが完了すると、「AUDIO_TS」「VIDEO_TS」って二つのフォルダが作成されます。
中身はいじらずこのままで、次に、iPod touch、iPhone用に変換します。

記事が長くなったので次の記事に書きます。。。。

変換編はコチラ

FavoriteLoadingAdd to favorites

Category : iPhone , iPod

関連する記事