DN*BLOG

2015.12.10

池袋のうなぎ「かぶと」は最高の時間。

Advent Calendar9日目の記事。

大衆居酒屋みたいな雰囲気で最高のうなぎが堪能できる「かぶと」
それは、池袋西口をちょっと歩くとあります。

お店に入ると大将のジョークからスタート。
「また男ばっかかよ!もう次からくるな!」こんな感じでw

そんなやり取りをしながら席に着く。

メニューは一応あるけど、そこから注文したことはない。
いつもお任せのコースでお願いしている。というか、勝手にそうなるw

 

えり焼き
えり焼き。
ちょっと骨が主張するけど、それも味わい深いです。
しっかり噛んで、味を楽しみ、酒を飲む。
これは後から塩でもいただきました。

 

冷奴
箸休めのやっこ。
豆腐の味が濃いのでそれ単体で旨い。たまに塩を振ってたべる。

 

ひれ焼き
ひれ焼き。
これがまたうまいんですよ。

 

心臓
まだ動いている心臓。
ちょっとグロいですが、うなぎの心臓を酒で流し込みます。
なんか元気出そう。

 

串蒲焼と肝
串蒲焼と肝。
肝の苦味が酒の旨味を増します。

 

酒
一咫半という日本酒。
まー、うまいよね。

 

白焼き
白焼き。
うなぎのまんまのうまさを味わうやつ。
うなぎのアブラがうまい。
たまに塩をつけて食べたり。

 

レバ焼き
レバ焼き。
これが結構めずらしいとおもう。
レバー独特の臭みはなくさっぱりいただけます。

 

尻尾
尻尾だったかな。
え、うまいよ!

 

蒲焼
きました。蒲焼。
ただの最高です。

 

ご飯とともに。
ご飯もいただきます。
残ったタレをご飯にかけて食べるのもうまい!!!
肝吸いもきたよ。(写真わすれた)

 

と、うなぎ劇場はあっというまに終わりました。

 

大将は、2016年の3月で引退するそうです。
あの毒舌がなくなるのはとても寂しいですが、お疲れ様です。
いままでうまいうなぎをありがとうと言いたいですね。

で、次回の予約をいつも取って帰るんですが、今度は…..

 

2016年6月が最短。

 

マジカヨ。。。

FavoriteLoadingAdd to favorites

Category : ADVENTAR

関連する記事