DN*BLOG

2009.1.29

Adobe MAX 2009 「CSS3とプログレッシブエンハンスメント」に参加しました

Adobe MAX 2009

お台場にある、グランパシフィックで開催された、「Adobe MAX 2009」。
その中の一つのセッションである、「CSS3とプログレッシブエンハンスメント。これからのWebに求められる事。」に参加しました。

スピーカーは菊池崇氏。
簡単にプログレッシブエンハンスメントを説明しますと、今までIE6などの古いブラウザを考慮しながらコーディング、制作をしていましたが、もっと上(新しいブラウザ、SafariやFirefoxなど)をみて最新技術を駆使して制作を行おう。という事です。(あってるかな・・・。)
IE6などの古いブラウザを捨てるのではなく、ユーザビリティなどは考慮しつつ、CSS3の最新技術を使ってもっと楽しんで制作をしようという試みです。

内容は、CSS3を使うとこんなことができるんだよ!って事が多かったです。
「box-shadow」、「background-origin」、「nth-child(n) 」等など・・・・。
後は、Safari独自のwebkitとか、の実例などをお話していました。

画像なしに、鏡面効果をしたり、Macのドックを再現したり、Appleのサイトのナビゲーションバーを画像なしで再現したりと。

個人的にはいい内容だったと思います。
新しい技術を取り入れて楽しくコーディングをしようじゃないか。と考えている方だったのですごく共感できた部分がありました。

なかなか最新技術を取り入れてコーディングをする事はないですけど、今後は気にかけてコーディングしようかな、って思っています。

ブログのデザインかえたばかりですけど、CSS3を使って作り直すかもしれないです(笑)

その時はIE6は白黒で作ります!

ちなみに、今回は「Adobe CS4」の発売がされて間もないので、CS4を使用した商品が会場に並ばれていました。
Dreamweaver CS4はだいぶかわっているみたいなので、気になるところです。
アップデートしようかな。。。

adobe

何はともあれ、
菊池崇様、今日はおつかれさまでした。そして、ありがとうございます。

FavoriteLoadingAdd to favorites

Category : (x)HTML , CSS , Safari , Web Design

関連する記事